覚園寺

最新情報

→ 過去すべての最新情報を表示する

年末年始のご案内

年末年始の準備の為、12月20日から1月7日まで拝観の御案内を休止します。
初詣は、元旦より1月7日(朝9時〜16時まで)開門します。お参りください。
新年のご祈願もいたします。皆さまの平穏無事をお祈りします。合掌

本年もお参りありがとうございました

今年も自然災害がありました、心よりお見舞い申し上げます。
覚園寺のもみじも10月の台風の影響を受け、その葉の様子は、残念で悲しくさびしいものでした。
それ故に、その葉、一葉一葉が精一杯、陽の光を浴び紅葉する様子は、胸熱くするほど美しく感じました。
もみじから勇気をもらった気持ちになりました。本日で本年の拝観は終了いたします。
御参拝ありがとうございました。 合掌

降魔成道(ごうまじょうどう)

12月8日は、お釈迦様が悟りをひらかれた日と伝えられています。
そして、文和三年(1354年)12月8日に足利尊氏公の力により覚園寺本堂は再建され、以降歳月を重ね今日に伝えられてきています。
本年も12月19日まで拝観をいたします。御参拝ください。

覚園寺住職(代表役員)交代のお知らせ

覚園寺 第31世住職に 仲田順昌(なかだ じゅんしょう)が就任いたしました。

第30世住職 仲田昌弘は、覚園寺名誉住職に就任いたします。
仏天加護のもと、歴代住職のこころを継ぎ、参拝者の心を安らかにする寺院であるよう、これからも精進いたします。
合掌

従流志不変(じゅうりゅう し ふへん)

吾妻鏡(あづまかがみ)によると、建保6年(1218年)7月9日、夢に薬師如来尊のつかいとして現れた戌神将のお告げうけ、北条義時公は、覚園寺の前身となる大倉薬師堂を建立するべき神聖な地を占いました。以来ちょうど800年、本年は戌年。時代の趨勢、天変地異を経てもなお、当時選ばれた神聖な地として、覚園寺は、多くの皆さまに支えられ、信仰され、今、在りつづけるありがたさを感じております。合掌

覚園寺の便箋、新発売

鎌倉小町通りの和紙専門店 社頭(しゃとう)さんが覚園寺の便箋を作成してくださいました。
覚園寺の仏様と境内の霊木(樹齢700年の槇の木)をひとつのデザインにしてくださいました。
この便箋で送るメッセージは、勇気100倍まちがいなしです。社頭さんでご購入いただけます。

※社頭 鎌倉市小町2-7-26

新しくお守りを用意いたしました

鎌倉のお寺にいらして、お参りいただき、ご自身の進まれる「道」の行く先に「幸」ありますようにデザインいたしました。
→資料はこちら(PDF書類)