覚園寺

黒地蔵縁日

 毎年八月十日(八月九日夜半過ぎから十日正午まで)は黒地蔵尊が亡くなられた方々へ私たちの気持ちや願いを運びとどけてくださる縁日として施餓鬼法要がおこなわれます。新盆をむかえられる方が三年間つづけて縁日に参拝供養すると亡くなられた方は必ず成仏なさることから多くの参拝者が亡くなられた方の供養におとずれます。

 施餓鬼とは、亡くなられたご先祖様、ご家族、知人友人の霊だけでなく、縁もゆかりもない霊も含めて万霊を供養することです。 私たちの幸せを願い護ってくださる霊だけでなく、私たちに関わりない、あるいは望ましくない霊に対しても供養する心をもつことは、私たちがさらに生きていく上で出会う喜怒哀楽、そのすべてを平静にうけとめ、前にすすむゆるぎない大きな心(これを仏教では安心といいます。)を育てることになります。

 新盆を迎えられる方はもちろんのこと、お盆の前に先祖供養のため、ひいては自分とご家族のため、 どうぞ施餓鬼の供養塔婆を申込み下さい。
 ※事前申し込みは当年の七月から開始し、八月十日正午まで受付をいたします。



  ■申し込み用紙はこちらからダウンロードできます。ご利用ください。
  (覚園寺案内所でも配布しております。
   なお縁日当日は千体堂特別施餓鬼受付所にて申し込みを受け付けております。)

毎年8月10日(8月9日夜半過ぎから10日正午まで)は黒地蔵尊が亡くなられた方々へ私たちの気持ちや願いを 運びとどけてくださる縁日として施餓鬼法要がおこなわれます。新盆をむかえられる方が三年間つづけて縁日に参拝供養 すると亡くなられた方は必ず成仏なさることから多くの参拝者が亡くなられた方の供養におとずれます。

施餓鬼とは、亡くなられたご先祖様、ご家族、知人友人の霊だけでなく、縁もゆかりもない霊も含めて万霊を供養することです。 私たちの幸せを願い護ってくださる霊だけでなく、私たちに関わりない、あるいは望ましくない霊に対しても 供養する心をもつことは、私たちがさらに生きていく上で出会う喜怒哀楽、そのすべてを平静にうけとめ、前にすすむ ゆるぎない大きな心(これを仏教では安心といいます。)を育てることになります。

新盆を迎えられる方はもちろんのこと、お盆の前に先祖供養のため、ひいては自分とご家族のため、 どうぞ施餓鬼の供養塔婆を申込み下さい。


※事前申し込みは当年の7月から開始し、8月10日正午まで受付をいたします。

■申し込み用紙はこちらからダウンロードできます。ご利用ください。
(覚園寺案内所でも配布しております。
  なお縁日当日は千体堂特別施餓鬼受付所にて申し込みを受け付けております。)

覚園寺 黒地蔵縁日ようこそお参りくださいました。

8月10日は、黒地蔵さまが亡くなった方々のもとへ、参拝者の思い、願いをはこび届けてくださる日として多くの皆さまからお参りいただいております。 この日になくなった方のために、3年間施餓鬼(せがき)の供養をすると亡くなった方は必ず成仏し、私たちには無尽蔵の御利益を授かります。宗派を問わず、新盆お迎えになられる方、施餓鬼の供養を申し込まれる方は、千体堂特別施餓鬼受付まで申し込みください。施餓鬼供養の塔婆は、1基3,000円です。

参拝の順路は次の通りです。

  • (1)愛染堂 愛染明王さまは、私たちの欲望、煩悩を受け止めよりよく生きる力にかえてくださいます。まずこちらで参拝いただき、心清らかにして、地蔵堂にお進みください。
  • (2)地蔵堂 黒地蔵尊 本日の縁日のご本尊さまです。亡くなられた方々への思い願いをこめてどうぞお参りください。
  • (3)薬師堂 薬師如来さまは、心身元気でありつづける願いを叶(かな)える仏様です。一年の平穏無事、健康健勝をお参りいただき、安心して、ご帰宅ください。尚、特別施餓鬼供養を申し込まれた方は、施餓鬼受付までおもどりください。ご供養いたしました塔婆をお渡しいたします。その塔婆を六地蔵前にお供えくだされば、引き続き一年間、毎日覚園寺にてご供養続けます。
  • 合掌

注意

  • 先祖供養の宗教行事です。亡くなられた方々に、敬意をもって語りかける気持ちでご参拝ください。飲食しながらの参拝はご遠慮ください。
  • お線香、ローソクは、地蔵堂と薬師堂の受付にておもとめいただけます。火の扱いにご注意ください。
  • 大切な御家族をなくされたばかりの人も多く後参拝いただいております。ご配慮いただき、境内の写真撮影はご遠慮ください。

「かまく〜らんくんのくろじぞうえんにち」の紙芝居をご覧いただけます。
「黒地蔵尊」や「黒地蔵縁日」の由来についてわかりやすく教えてくれます。
上の画像をクリックしてください。